個性的なメガネをかける理由

みなさん音楽活動楽しんでますか?
趣味は熱帯魚観賞のヒガシタカシ(@ozizisama2)です。

どんどん暖かい気候になってきましたね。
ここ何年も海とか行ってないのですが久しぶりに行きたいなーって思ってます。
関東から行くならどこがオススメかな? 江ノ島、湘南、はたまた沖縄とかいいですねぇ。

まぁ一緒に行く彼女とかがいればいいんですが残念ながらいないので
どなたか誘ってくれると嬉しいです。悲しい。

個性的なメガネをかける理由

はい、今日の本題ですがみなさん【個性】についてどうお考えでしょうか?
ヒロアカの話じゃないですよ?好きな個性は【帯電】

個性を出すには色々な方法よね。
衣装を揃えたりメイクを派手にしたり・・・。

僕はその中でもワンポイントアクセサリーに注目しました。
ではなぜその考えに至ったかを見ていきましょう。

第一印象で覚えてもらうために

例えばライブ。
お客さんにどのように覚えてもらうか。これって大事ですよね。
対バンとかだと複数のバンドのお客さんが会場にいます。
その中で「あのバンド格好いい!」「なんかよかった!」って印象残すことは一つのミッションかと。

他には飲み会とかも。
複数の人間が集まる場所なんかだと一気に自己紹介とかされるとその場で覚えるって大変じゃありませんか?
僕は名前覚えるのが苦手なのでその類です。

その時に名前ではなくアイテムで覚えてもらえればいいのではないか!と僕は考えました。
とりあえず覚えてもらう。翌日以降どこかの現場で会った時に「あ!あの時の!」ってなってもらえればいいかと。まずは第一印象。

アイテムを何にするか

では具体的にどうするのか。
バンドだとやりやすいのは衣装ですよね。
KISSは全員が同じような白塗りメイクです。派手な衣装も着てます。
マンウィズは全員が狼ですね。テレビで見たら一発で覚えられます。いいなー。

もちろんジャンルに合わせた格好がいいと思います。
お洒落なシティポップなのに格好はド派手とかだとちょっと微妙かも。
あえて狙うのもアリですが長く続けるのは厳しいかな・・・。

次にスタジオミュージシャン。
基本は後ろに徹する仕事なので派手な衣装はダメですがワンポイントは大事だと多います。
僕はスタジオミュージシャンなのでこちらです。バンドもやっていますが主な活動はこちらですね。

なのであまり目立たないけど特徴的な物を必要としていました。
色んな人を観察して調べる毎日。

そこで目につけたのが【メガネ】でした。
もともと目が悪かったのでかけてはいたのですが至って普通のメガネ。
5000円くらいのやつです。
よくショッピングモールにあるやつですね。

人と会話する時に一番見る場所って顔じゃないですか?
あんまり足ばかり見る人とかいませんよね。それは変態だ。

個性的なメガネをかければ「あの時のメガネの人だよね?」ってなるのではないか。
僕はそう思い色んな眼鏡屋を探しました。

LUNETTES du JURA(リュネットジュラ)との出会い

ネットで[個性的 メガネ]】で調べると一番に出てくるお店がありました。
それが【LUNETTES du JURA】というお店。
青山、六本木、表参道、横須賀に4店舗構えるハイブランドショップです。

Lunettes du Jura [リュネット・ジュラ]
TRACTION PRODUCTIONS、THEO、J.F.REY、REIZ germany、ic!berlin、MYKITA、FACE a FACEなどのヨーロッパブランドを中心に、世界中からおしゃれなメガネをご紹介している『リュネット・ジュラ』のウェブサイトです。青山、表参道ヒルズ、六本木、横須賀にお店があります。

主にヨーロッパブランドを揃えていて品数はめちゃくちゃ豊富。
メガネの概念を崩されます。これマジで。

特に青山なんかは三階建になっており全てのフロアにメガネが置いてあります。
そんなに置いてあってもどれも一緒なんじゃ無いの?って思う方は一度足を運んでみてください。
全てが違うフレームの形をしています。デザイナーって本当にすごい!

ワンポイントでお洒落さを出すメガネもあれば思い切りぶっ飛んだデザインのメガネまで。
軽く一時間は滞在してしまいます。

そこで出会ったのが僕がかけている青いメガネです。

青い色とまん丸メガネ

このメガネは入り口の手前側に飾られていました。
当初僕は左右非対称メガネを求めていました。片方四角で片方丸いやつです。
なのですがなぜかこれをみた時にビビビって電流が走ったんですよね。

形はまん丸。とにかく丸い。
そして色は青。意外に青のメガネって珍しいですよね。

他のメガネを試着させてもらっている時も頭の片隅にはこいつがいました。
青メガネと比べてた自分がいた。

最終的に3つまで選んだ時もこいつはいました。
その時に思いました。
「顔のパーツに青って相当浮くよな」と

赤とか黄色って結構顔に馴染むんですよね。
黒縁はもはや定番。今となっては白も定番化してきてます。

その中でもフチの太い青って案外無いんですよね。
やっぱ浮いちゃうからあまり人気が無いのかもしれない。

ただ逆に僕はそこに惹かれたのかもしれません。
変に浮くってことは相手の頭に残りやすいのではないかな、と。

変なメガネっても言われていいんです。そう思わせたら勝ちですから。
印象付けとしては最高です。
結果僕はこいつを音楽活動のパートナーとして選びました。

メガネを変えたことによって変わったこと

そこからは初対面の方と話す時に必ず聞かれる質問が増えました。

「そのメガネって本物?」
「メガネおもしろいね」
と。

ほぼ100%の確率で聞かれます。
前のメガネではこんなことありませんでした。だってわざわざ聞くことではありませんからね。
ですがこいつはいい意味でおもちゃっぽいので伊達なのか本物なのかが微妙なのです。
なのでみなさん聞いてきてくれます。嬉しい。

あとはおもちゃっぽいのに本物っていうところも面白いですよね。
こいつこれをマジでかけてるのかって思われるので印象に残りやすいです。
そこまで計算でつけてるわけでは無いのですが結果そういう感じになってると思います。

あとは自分に自信がついた気がします。
もちろんこれ以外にも自宅用のメガネも持っていますが青いメガネをかけることによって自然にオンオフの切り替えが出来るようになりました。

青いメガネの時ははミュージシャンのヒガシタカシ。
普通のメガネの時は一般男性のヒガシタカシ。
芸能人を気取っているわけではありませんが常にオンの状態ってなかなか難しいですもんね笑
なので気分的にも楽になりました。

まとめ

なにか自分を象徴するアイテムは自分の意識も変えてくれます。
それがメガネであったり洋服であったり持ち物であったり。

もちろん演奏技術で勝負するのは当然ですが
プラスαで何か武器を持つのはとても大事だと思います。
誰かのマネでもいいと思うし逆に自分だけのものを見つけるでも良いし。

今は色んなところに情報があるので暇な時に探してみるといいかもしれませんね!
ちなみに僕はこれをキッカケにメガネにハマっています。
全部で10本くらい持ってるかなぁー!笑

もしオススメのショップなどあれば是非コメントなどで教えていただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました